作品の掲載

※ 作者以外の方は掲載できません。
画像位置
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
始まる
ひとつのものが終わって
始まる
ひとつのものが終わらずに

粉雪が舞っている
清明な空
柿の実が朱い

ぼくの中に積み重なっていく
日と日
また生きはじめる人

さよならと言いかけて
その白々しさを
ほほえみに換えた

捨てて尚
拒めぬ愛の忌まわしさ
ためらいがちに振り返れば
枯野の向こうから
冬の顔して見知らぬ季節がやってくる
置き去りにしたもの 2012/09/25(火) 00:17 編集 削除
初冬
語りつくせぬ愛
あなたから逃れて

風の間に
ひそむ冷たい哀しみ
なぜ忘れられぬのか
わかっているのに

心を
空に帰す
繰り返し繰り返しては
否定する人生

想いがすべて
さらわれていけばいい
風に追われる
片雲のように

尚も放浪しつづける魂を抱いて
ここに来てみた
どこで暮らしても
同じだと思いながら

西の空は
遥かなる夕焼け
目に滲み
幻のように続く
生駒山
置き去りにしたもの 2012/09/25(火) 00:14 編集 削除
雨が降っている
桟橋に佇めば
港はもう冬の顔をしている
ぼくはおまえの体調を気遣っている

船の汽笛が
突然ぼくをひとりにする
愛してたはずの人が
藍色の影になる
捨て去る悲しみはなく
崩れ去る自らへの約束の脆さを嘲り
ぼくは
海へ力いっぱい石を投げる

心に生き始めたやさしいものを拒むように
雨が降っている
思いはいつまでも立ち尽くしている
おまえの存在を認めながらも
その代償に失う数年の誠の恐さに
置き去りにしたもの 2012/09/25(火) 00:11 編集 削除
11月の波の無垢の白さ
堤防に立つ心は心を罵りながら

今の誠 故の過去への裏切り
あらゆる面影につなぐ手を
ほどく ひとつまたひとつ
時の彼岸へ葬るように

追うな
追うな愚かな願いを
満たされぬまま憧れとともに摘まれる魂を
枯れて猶 鮮やかに蘇る
日々人々すべての幻に

11月の水平線の彼方
カモメの飛ぶ
青空 これほどに美しく
欺きの痛みを抱擁する刹那から永久への光よ

懺悔しつつ
ためらいながらも
重い心の扉を開く

その新たなものたちの訪れに
置き去りにしたもの 2012/09/25(火) 00:10 編集 削除
百日紅が生えている
心の空に背伸びして
目を閉じれば
少年は大地の彼方からやってくる

遠い日の百日紅の木蔭に立ち止まり
少年は遂に私を見つけられない
懐かしい母の声に呼ばれたように
ふいに駆け出す少年の重みが
私を甘く傷つける
置き去りにしたもの 2012/09/25(火) 00:08 編集 削除
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.